総合商社でライフワークバランスを考えるなら伊藤忠商事一択

そもそも、総合商社入るならワークライフバランスとか言ってる場合じゃないだろって指摘が入りそうですが、一応、大手総合商社(住友商事が抜けているのは申し訳ないが)の残業時間(正確に言うと消灯時間)をタイムラプス撮影した結果、伊藤忠がベストという結論になりました。

残業時間が多い(多そうな)順では、三井物産・丸紅≧三菱商事双日伊藤忠
って感じでした。

 

三菱商事三井物産

丸紅

伊藤忠

双日

 

伊藤忠は働き方についてもしっかりと考えられていて、最先端な企業だと実感。
2013年より朝型勤務制度を導入し、20時以降は残業原則禁止、22時~5時は残業禁止とかなり大胆な社内制度改革をしてる。もちろん深夜残業を丸々カットはできないみたく、朝活を推奨している。でも、毎晩24時まで働くのと、朝6時頃から働くのでは、朝活のほうがより生産的な仕事ができそうです。働き手のモチベーションも違うと思う。

働き方改革などが政府より出されるより前の2013年より導入と、時代の流れをしっかりと読んで、こういった施策ができるのは、さすが優秀な企業だなと実感。


もちろん、企業を選ぶ基準は人それぞれで、残業時間だけで評価するのはよくないと思いますが、少なくとも、総合商社に入りたいと思っている人は、残業時間は長い業界と知ったうえで選択すべきですね。